Back Number

  • 2017年8月3日
  • 2017年5月30日

    九州デンタルショーに行ってきました!!

    こんにちは (^v^)

    先日、マリンメッセで行われた

    九州デンタルショーに行ってきました。

    新しい歯科材料や器具、機械などの展示会で

    同時にセミナーも開催されています☆

     

    展示会では、メーカーさんから直接詳しいお話が聞けたので

    とても勉強になりました!

     

    今後の診療に役立てていきたいと思います (^_^)/

     

     

  • 2017年4月28日

    木下歯科医院 休診日のお知らせ

    ゴールデンウィークの休診は下記の通りとさせていただきます。

    4月29日(土・祝)休診

      30日(日)休診

    5月1日(月)通常診療

        2日(火)通常診療

     3日(水・祝)~7日(日)休診

    ☆8日より通常診療いたします

    木下歯科医院

     

  • 2017年4月20日

    歯と歯ぐきのブラッシング♪

    こんにちは☆

    寒さも和らぎ過ごしやすい季節となりました。

    皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

     

    今回は、歯と歯ぐきのブラッシングについてお伝えします。

     

    • ブラッシングの目的

    1.口の中に溜まった食べかすや歯垢を取り除き、細菌の繁殖を抑えて歯石を防ぐ。

    2.歯ぐきを歯ブラシでマッサージして、血行をよくする。

     

    • ブラッシングのコツ

    歯ブラシを横に動かして、ごしごしと磨いているだけでは汚れが落ちないうえ、

    歯がすり減ってしまうこともあります。

    ブラッシングのコツをつかんで、正しい方法で効果的に磨きましょう。

    歯ブラシはえんぴつのように軽く持ちます。

    歯ブラシの当て方は、歯と歯肉の間で45度の角度で当てます。

    2~3mm幅で軽く小刻みに20回程度動かします。

    特に歯垢が付きやすい歯と歯ぐきのさかい目などは念入りに行います。

    *詳しい磨き方・方法などは、歯科や言語聴覚士にお尋ねくださり、指導の下行ってくださいね。

  • 2017年4月4日

    ☆歯ブラシの紹介☆

    こんにちは 😛

    今日は「クラプロックス」という歯ブラシの紹介です!!

    特徴は・・・

    ・毛束が一般的な歯ブラシの10倍!

    一般的な歯ブラシの場合

    クラプロックスの場合

     

    ・柔らかな毛質を使用しているので歯周ポケットにも入りやすく

    歯肉マッサージ効果が高い!

    ・歯ブラシが痛みにくいので長く使っていただける

    というような歯ブラシです 😀

    クラプロックスの歯ブラシはブラッシングによるダメージを防止するだけでなく

    プラークを徹底的に取り除くことができます。

    カラーの種類も豊富です☆

    気になる方はお気軽にお問合せ下さい♪

     

  • 2017年3月15日

    摂食嚥下障害について

    こんにちは☆

    まだまだ寒いが続いていますが体調は崩されていないでしょうか?

     

    今回は、摂食嚥下障害(飲み込みの障害)の

    サインについてお伝えしようと思います。

    食べ物や水分を口の中に取り込んで、咽頭から食道、

    胃へと送り込むことがうまくいかなくなる摂食・嚥下障害がある人には、

    体型、筋肉の付き方、姿勢など、全身に及ぶ外見的な特徴が

    いくつか見られます。

     

    ①ひどくやせている・・・筋力が少ないと、のどの収縮力が低下して、

    飲み込みがうまくいかなくなることがあります。

     

    ②喉仏が下がっている・・・喉の筋力が衰えると、

    喉仏の位置も下がるため、飲み込むときに

    喉仏を持ち上げるのに時間がかかるようになります。

     

    ③首の筋肉が硬い・・・首がしなやかに動かないと飲み込みもスムーズにいきません。

    腹筋が弱まって首や肩で呼吸をしていたり、寝たきりで首が固まった

    状態になると飲み込みがうまくいかなくなります。

    ④猫背・・・顔が前に出てあごが上がり、喉の筋肉が突っ張った状態になって飲み込みにくく

    なります。

     

    そのほかにもさまざまな要因があります。

     

    ※気になることがあれば歯科や言語聴覚士にお尋ねください。

  • 2017年1月17日

    歯みがきのポイント♪

    こんにちは☆

    今月は歯磨きのポイントをご紹介したいと思います。

    ぜひ参考にしてくださいね!

    歯磨きの際は次のところを重点的に磨くように心がけてみましょう。

    汚れが多くても、やさしく磨くのが基本です。

    歯垢(デンタルプラーク)は、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目につきやすいと言えます。

    歯周病や歯の根のむし歯の予防のためにも、注意して磨くことが大切です。

    たとえば、磨く回数を増やし、歯ブラシのあて方を工夫したりすれば

    歯ブラシ1本でも、歯をきれいに磨くことができるようになります。

    歯ブラシを使ってリハビリも可能となります。

    たとえば、歯ブラシの毛の部分で舌の表面を軽く叩いて感覚を刺激したり

    歯ブラシで舌を下に押さえつけると舌がその力に反発しようとするので

    舌の筋力アップにもつながります。

    *詳しい磨き方・方法などは、歯科や言語聴覚士にお尋ねくださり、指導の下行ってくださいね。

  • 2016年12月29日
  • 2016年11月17日

    唾液腺マッサージ

    こんにちは☆

     

    外の風もだいぶ冷たく感じるようになりました。

    体調を崩しやすい季節ですが

    お変わりなく、お過ごしでしょうか?

     

    今月は、唾液腺マッサージについてご紹介します。

    高齢になるにつれ唾液が出にくくなります。

    また、お話しする機会が少なかったりすると

    口腔乾燥は進んでしまいます。

    それを予防するために唾液腺マッサージが有効です。

     

    唾液腺マッサージの効果として、口の中の自浄作用が働いたり、

    口のまわりの筋肉もほぐれ、口が開きやすくなると言われています。

     

    ○やり方 各5~10回程行う

    ①耳下腺への刺激・・・人差し指から小指までの4本の指を頬にあて、

    上の奥歯のあたりを後ろから前へ 向かってまわします。

    ②顎下腺への刺激・・・親指をあごの骨の内側のやわらかい部分にあて、

    耳の下からあごの下まで指でやさしく押します。

    ③舌下腺への刺激・・・両手の親指をそろえ、あごの真下から

    舌を突き上げるようにゆっくりと押します。

    %e5%94%be%e6%b6%b2%e8%85%ba%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8
    *詳しい方法などは、歯科や言語聴覚士にお尋ねくださり、指導の下行ってくださいね。

  • 2016年11月2日

    口腔ケアワゴン

    こんにちは 🙂

    私たちのお気に入りを1つ・・・いや、1台・・・♪

    私たちが「介護老人保健施設きりん」や「グループホームきりん」で

    口腔ケアをさせていただいている時に使っているワゴン!!!

    %e5%8f%a3%e8%85%94%e3%82%b1%e3%82%a2%ef%bc%91

    ワゴンには口腔ケアの道具をいろいろ積み込んでいます 😉

    ☆ポイントブラシ

    ☆歯間ブラシ

    ☆舌ブラシ

    ☆スポンジブラシ

    ☆フロス

    ☆義歯ブラシ・義歯洗浄剤

    ☆保湿剤・洗口液

    などなど・・・

    %e5%8f%a3%e8%85%94%e3%82%b1%e3%82%a2%ef%bc%93

    おひとりおひとりのお口の中の状態を見て

    その方に合う道具を選んで磨いていきます。

    %e5%8f%a3%e8%85%94%e3%82%b1%e3%82%a2%ef%bc%92

    私たちの目標は歯面の汚れを除去し滑らかな状態になっていただくことです。

    あとは、ご本人さまが普段通りに磨いたら汚れが取れて良好なお口の環境を

    維持することができると思います♪